• 文字の大きさ
  • 普通
  • 拡大
  • サイトマップ
  • お問い合わせ
グローバルナビ表示切り替えボタン

禁煙外来のご案内

当院の禁煙外来のご案内です。

Smoking Cessation

禁煙外来のご案内

喫煙は、慢性閉塞性肺疾患、肺がん等の呼吸器病のみならず、動脈硬化を基盤とするさまざまな病気の危険因子です。禁煙することにより、喫煙関連健康被害を予防し健康的に暮らすことができます。
喫煙は、ニコチン依存症(あるいはニコチン中毒)という一種の薬物依存症です。すなわち、病気です。従来は精神論的方法で禁煙をめざしたため失敗率が高く、挫折感や罪悪感が残り、禁煙はつらいものでした。現在は、禁煙補助薬(貼付薬あるいは内服薬)を使うことにより、無理なく楽しくたばこをやめることが出来ます。
病気は病院で治療するものです。さあ、禁煙外来を受診しましょう。そして、貴方自身や家族のために禁煙し、爽やかな呼吸と健康を取り戻しましょう。

【1】外来実施日・時間

毎週金曜日午後(予約が必要です。)

【2】保険適用となる対象者は?

治療を受けるにあたって、以下の4つの条件を満たした場合、保険適用となります。

  1. 直ちに禁煙をしようと考えていること。
  2. スクリーニングテスト(TDS)で、ニコチン依存症と診断されること。(5点以上)
  3. 1日の平均喫煙本数×これまでの喫煙年数が200以上であること。
  4. 禁煙治療を受けることに、文書で同意されていること。

なお、これに該当しなくても、自由診療(保険外診療)で治療は可能です。

<ニコチン依存症のスクリーニングテスト(TDS)>

設問内容 はい
1点
いいえ
0点
(1)自分が吸うつもりよりも、ずっと多くタバコを吸ってしまうことがありましたか。
(2)禁煙や本数を減らそうと試みて、できなかったことがありましたか。
(3)禁煙したり、本数を減らそうとしたときに、タバコがほしくてほしくて、たまらなくなることがありましたか。
(4)禁煙したり本数を減らしたときに、次のどれかがありましたか。(イライラ、神経質、落ちつかない、集中しにくい、憂うつ、頭痛、眠気、胃のむかつき、脈が遅い、手のふるえ、食欲または体重増加)
(5)(4)でうかがった症状を消すために、またタバコを吸い始めることがありましたか。
(6)重い病気にかかったときに、タバコは良くないとわかっているのに、吸うことがありましたか。
(7)タバコのために自分に健康問題がおきているとわかっていても、吸うことがありましたか。
(8)タバコのために自分に精神的問題がおきているとわかっていても、吸うことがありましたか。
(9)自分はタバコに依存していると感じることがありましたか。
(10)タバコが吸えないような仕事や、つきあいを避けることが何度かありましたか。
合計

【3】標準禁煙治療のスケジュール(12週間診療5回)

初診

  1. ニコチン依存症の有無
  2. 呼気一酸化炭素濃度の測定
  3. 禁煙開始日の検討
  4. 禁煙治療の問題点とアドバイス
  5. 禁煙補助剤の特徴と使い方の説明

再診(1~4)

  1. 呼気一酸化炭素濃度検査
  2. 喫煙状況の確認
  3. ニコチン離脱症状の有無

【4】費用はいくらかかるの?

費用(3割負担の場合) 診察料 薬剤料(かかりつけ薬局での支払い額)
初回、紹介状なし初診 約5,000円 7,500~13,500円
初回、紹介状あり初診 約2,000円 7,500~13,500円
再診(通院中の方) 約1,100円 7,500~13,500円
2回目(2週間後) 約1,000円 7,500~13,500円
3回目(4週間後) 約1,000円 7,500~13,500円
4回目(8週間後) 約1,000円 7,500~13,500円
卒煙(12週間後) 約800円 7,500~13,500円
  • 禁煙治療をするうえで、患者さんによっては、血液・尿検査等が必要になる場合があります。その場合は、検査費用が上記料金に加算されます。
  • 当院では、院外処方せんを発行いたします。薬剤代については、調剤薬局にお問い合わせください。

禁煙外来のお問合せ・お申込みは
初診受付電話 0186-62-7001(代表)

外部リンク